中日トリミングスクール
CHUNICHI TRIMMING SCHOOL
メインメニュー コンテンツ サブメニュー
 

卒業生のプロフィールcase1

動物園や水族館・・・動物に関わる仕事がしたかった。その思いがかなって、今はトリマーとして頑張ってます。

卒業生のプロフィール:02
卒業生のプロフィール:03
卒業生のプロフィール:04
入学・進学のTOPへ
富安さんの場合
 
入学前、卒業後の流れ
とにかく動物と接する仕事がしたい。そう考えて、場所や内容で中日トリミングスクールに。
 

小さい頃から犬や猫に限らずに動物がダイスキでした。だから仕事も動物園や水族館などで働くことを夢見ていました。それでいろいろ考えた結果、いちばん身近な動物、犬や猫をあつかうトリマーになろう!そう決めて学校を探し始めました。
数多くある学校の中で中日トリミングスクールを選んだ理由は、「交通の便がよい所」、「長い実績がある」、あとは「予算」も自分にあっている、という点でした。中日トリミングスクールの特長は他の学校よりも色々な犬に接することができること、じゃないかな。
在校時には種類はもちろん、さまざまな性格の犬を扱いました。犬の中にはトリミングが嫌いな犬もいるのは当たり前。そんな犬も上手にトリミングしていかなければいけません。
トリマーになった今、当時の経験のおかげで戸惑うことなく対応できています。

富安さんの場合1
 
生きている命を扱うこと、それをいつも忘れない。だから、トリミングも愛情を込めてやっています。
 

主に犬や猫のシャンプー・カットなどのトリマー全般の仕事をyやっています。今は仕事が「楽しくてしょうがない!」って感じ。とくに毛玉だらけで、やってきたコをキレイに仕上げられた時の達成感は何よりうれしい。それにお客さんから「うちのコは美容院に行くのを、スゴク楽しみにしているのよ。」って聞いたときは、丁寧にやっていて良かったなあ、と思いました。それでもトリマーは命を扱う仕事。喜んでばかりじゃなくて生きている相手、という責任感を忘れないようにしています。
今後の目標は、苦手な犬種をなくしていきたい。そしてトリマーとして、このお店でずっと働いていくのが私の夢です。

 
富安さんの場合2  富安さんの場合3
 

-----区切り線-----
卒業生のプロフィール
 
     
CASE:02 竹本奏さん
竹本奏さん
CASE02 詳細へ
 
CASE:03 増野宏彦さん
増野宏彦さん
CASE03 詳細へ
CASE:04 柿田正子さん

 

柿田正子さん
CASE04 詳細へ
ページのトップへ
サイトマップサイトの利用に当たって
COPYRIGHT(C) CHUNICHI TRIMMING SCHOOL ALL RIGHTS RESERVED